Unity++blog.

UnityやC#とかについて学習したことを書いてます

Unity&C#学習 Part9  ツールチップ(Tooltips)の学習

今回はTooltipsの学習をしていきます。Tooltipsとはボタンなどにカーソルを合わせたときに補足として新たに文字が表示される機能です。

 

例えばアイコンにカーソルを合わせると、そのアイコン名と説明文が表示されるというものをよく見ますがその機能のことです。

ツールチップ - Wikipedia

 

今回は下記の動画を参考にしましたが、その動画内では「簡単に実装できるけど、めちゃくちゃ使える機能だよ!」といっていますので、こういったものがあることを覚えておきましょう。

 

 

 ▶準備するもの

 

  • スクリプト(Tooltips)

 

文字が見えるように背景を暗くしてますが、最終的にこのような表示となります。

f:id:nabesi777:20180919134901j:plain

 

 前回使用したものにコードを追加するだけですので、特に新しく準備するものはありませんが、練習経過を残すことや、いつか前回のコードを参考にすることがあるかもしれませんので、新しいスクリプトを準備します。名前はTooltipsとしておきます。

 

同じ内容の部分もあるので、前回のものをコピーして貼り付けても良いです。新しく追加したものについては実際に書いて学習します。

 

 それではTooltipsのスクリプトを書いていきます。前回のを写した場合は細かい変更点もあるので、よく変更点を確認してください。

 

内容の説明はできる限りですが、コード内に書いています。

 

 

  

 これをNumerDisplay(3DText)へアタッチします。

NumerDisplayInspector内を確認します。

f:id:nabesi777:20180917141317j:plain

 

 これでTooltipsが出てくるようになっているはずです。

再生してみます。

 

f:id:nabesi777:20180917142932g:plain

 ツールチップと数字の合計機能が実装できました。

 後ろの壁があったりなかったりすみません!