Unity++blog.

UnityやC#とかについて学習したことを書いてます

Unity シェーダグラフ かっこいいシールドを作る!

今回はシェーダグラフでかっこいいシールドを作ってみました!

f:id:nabesi777:20181027184746g:plain

 

参考にした動画はこちらです。

 

 

 

最初にPBRGraphとマテリアルを作成してSphererに付けておきます。

※環境設定などはこちらです↓

nabesi777.hatenablog.com

 

マテリアルなどの名前はそれぞれForceFieldと付けています。またシールド用のテクスチャを1枚準備しなければいけないのですが、下の画像を保存して使ってください。

f:id:nabesi777:20181027174534j:plain

 

 

f:id:nabesi777:20181027174837p:plain

 

では、作成したPBRGraphをダブルクリックして開いて、最初に今回使うテクスチャやVectorなどをプロパティパネルへ登録していきます。名前は動画通りに登録しました。

 

一番上のTexture2Dへは先ほどの正六角形のテクスチャを入れます。

その他は画像の通りです。

f:id:nabesi777:20181027175104j:plain

 

 

ノードを作成して繋げていきます。

 

①メインノードのAlphaへ繋げる(画像では繋げてなかったですが、PBRMasterのAlphaへ繋げます)

f:id:nabesi777:20181027175941j:plain

 

 この状態でFresnelEffectのOutをメインノードのAlphaへ繋げるとこんな感じになります。

f:id:nabesi777:20181027180316g:plain

 

 ついでにマテルアルのインスペクターを開いて正六角形を入れておきます。

f:id:nabesi777:20181027180638j:plain

 

 ②メインノードのEmissionへ繋げる

f:id:nabesi777:20181027181105j:plain

 

 ②メインノードのAlbedoへ繋げる。長いので左から画像を2つに分けます。

f:id:nabesi777:20181027182622j:plain

 

 

f:id:nabesi777:20181027182840j:plain

 

色やスピード、回転の向きなどはインスペクターで調整できます。少し変えてみました。

f:id:nabesi777:20181027183322j:plain

 

こんな感じになりました。

f:id:nabesi777:20181027183447g:plain

 

 全体像

f:id:nabesi777:20181027184428j:plain