Unity++blog.

UnityやC#とかについて学習したことを書いてます

シェーダグラフで火のエフェクトを作成

今回はシェーダグラフで火のエフェクトを作成しました。

テクスチャはなにも使用せず、カラーのみを使いました。

f:id:nabesi777:20181105180743g:plain

 

参考動画はこちらです

 

 

 

シェーダグラフ全体

f:id:nabesi777:20181105181154j:plain

 

少し長めです。右下がメインノードになっています。

作成の手順はおおよそ右上→左上→右下の流れで作成しました。

 

それぞれを見やすいようにアップしたものを貼ります。

 

右上

f:id:nabesi777:20181105182122j:plain

左上

f:id:nabesi777:20181105182131j:plain

右下

f:id:nabesi777:20181105182139j:plain

 

 なるほどなぁ!と思ったのが右下のここ部分で、

f:id:nabesi777:20181105182536j:plain

 

 作成したアニメーションをふたつに分け、少しだけサイズをかえてオレンジと黄色のカラーを付けています。これをするだけで火の先端だけ色を変えることができて、見え方が全然違いますね!

 

f:id:nabesi777:20181105183356j:plain