Unity++blog.

UnityやC#とかについて学習したことを書いてます

Unity タイムラインの初期設定

Unityのタイムラインの作成方法を調べたので、ブログに残します。

 

↓具体的な機能はこちらの記事です。

nabesi777.hatenablog.com

 

nabesi777.hatenablog.com

 

タイムラインはAnimationに割と似ていて、さらにオブジェクトを表示・非表示させたりサウンドなども同時に操作できるAnimationのスペシャル版です!(と勝手に理解していますw)

 

今回はそのタイムラインの初期設定の方法を書きたいと思います。機能や使用方法は記事を分けて書こうと思います。

 

まず、HierarchyへCreateEmptyで空オブジェクトを作り、名前をTimeLineと付ける。

次にWindow>Sequencing>TimelineでTimelineのウィンドウを出す。

空オブジェクトを選択した状態でCreateをクリック↓

f:id:nabesi777:20181116171002p:plain

 

すると保存場所を聞かれるのでファイル名を付けて保存

(今回は開いているプロジェクトのアセットの中へ新しいフォルダを作成して保存しました)

f:id:nabesi777:20181116171447p:plain

 

これで先ほど作成した空オブジェクトを見ると、PlayerDirectorとAnimatorのふたつのコンポーネントが追加されまます。

f:id:nabesi777:20181116171644p:plain

 

Timelineウィンドウ↓

最初に作成した空オブジェクトが入っているので、消す(右クリック>デリート)か〇からオブジェクトの入れ替えをします。

f:id:nabesi777:20181116172101p:plain

 

 

以上!とりあえずの設定は終わりです。

簡単でした。