Unity+UnrealEngine4+Blog.

UnityやUnrealEngine4とかについて学習したことを書いてます

UnityRecorderを使ってオブジェクトの動きをアニメーションクリップへ記録する

今回はUnityRecorderを使ってオブジェクトの動きをアニメーションクリップへ記録して、そのアニメーションクリップをほかのオブジェクトへ付けてみたという記事です。

 

まずRecorderのウィンドウが出ていない場合はWindowメニューより出します。

(このアセット↓が入っていない場合は先にインポートしなければいけません。)

f:id:nabesi777:20181119152626j:plain

f:id:nabesi777:20181119144600p:plain

 

 

ウィンドウが開いたらAdd new RecordersよりAnimationClipを追加↓

f:id:nabesi777:20181119144657p:plain

 

今回は鉄球の落下のアニメーションを記録してみました↓

f:id:nabesi777:20181119152940g:plain

 

 

Recorderウィンドウでファイル名と保存先を設定します。

その次にGameObjectへ記録対象のオブジェクトをドラッグで入れます。

f:id:nabesi777:20181119145425p:plain

 

できたら下のスタートボタン↓を押します。スタートボタンを押したら同時にUnity本体も再生されます。記録したい部分が終わったらもう一度同じボタンを押します。(STOP RECORDING)

f:id:nabesi777:20181119150121p:plain

 

指定した保存先を見るとアニメーションクリップができていました。

f:id:nabesi777:20181119145829p:plain

 

念のためAnimationウィンドウで確認をしてみたら、動作もしっかり記録されていました。

f:id:nabesi777:20181119150244p:plain

 

これでアニメーションクリップができたので、他のオブジェクトへ適用させてみます。

作成したアニメーションクリップを使用するために、下図のように↓、Project上で右クリックしてAnimatorControllerを作成してtekkyuと名前を付けました。

f:id:nabesi777:20181119151411p:plain

 

そしてAnimatorウィンドウを開き、作成したAnimatorControllerへ記録したアニメーションクリップを入れます。

f:id:nabesi777:20181119151728p:plain

 

これを今回はCubeに付けてみました。

 

HierarchyへCubeを作成して、InspectorのAddComponentよりAnimatorを追加して、ここへ作成したAnimatorControllerを入れます。

f:id:nabesi777:20181119151910p:plain

 

これで設定は終わりです。

ゲームを再生してみました。

f:id:nabesi777:20181119153956g:plain

 

無事鉄球の動きが再現できました。

大きさ(Scale)まで再現するんですねw

 

大きさが変わるのが嫌な場合は、下図のようにAnimationウィンドウのScaleを右クリックしてRemovePropatiesを選択すると再現されなくなりました。

f:id:nabesi777:20181119154147p:plain

 

他にも細かい変更はAnimationウィンドウでできそうです。