Unity++blog.

UnityやC#とかについて学習したことを書いてます

CinemachineのClearShotCameraの使い方

今回の内容はCinemachineのClear Shot cameraについての機能について使ってみました。

 

Clear Shot cameraの機能を簡単に説明すると、複数のカメラをシーン上へ配置してキャラクターの動きに合わせて自動でカメラを切り替えてくれる機能です。

 

上部cinemachineメニューよりClear Shot cameraを選択すると

f:id:nabesi777:20181203132953p:plain

 

Hierarchyへバーチャルカメラの子要素を持ったClearShotが作成されます。

f:id:nabesi777:20181203133140p:plain

 

VirtualCameraChildrenの+を押すと自動的にバーチャルカメラを追加してくれます。

f:id:nabesi777:20181203133400j:plain

 

Hierarchyへもカメラが追加されているのが確認できます。

f:id:nabesi777:20181203133421p:plain

 

カメラを配置します。

f:id:nabesi777:20181203140207p:plain

 

バーチャルカメラのインスペクターを設定します。

LookAtへキャラクターを入れて、MinimumDistanceとOptimalTargetDistanceでカメラの切り替えるための距離を設定します。

f:id:nabesi777:20181203135627j:plain

 

これで設定は終了です。再生してみました。

 

 

 室内なんかで活躍しそうです。