Unity++blog.

UnityやC#とかについて学習したことを書いてます

風の吹くエリアを設置してPlayerへ影響を与える

風の吹くエリアを設置してPlayerへ影響を与える方法です。

前提としてPlayerや影響を与えたいオブジェクトへはRigidbodyを付けている必要があります。

 

 

わかり易いようにCubeを使いました。

 

Cubeを作成して、RigidbodyをComponentへ加えます。この時、UseGravityのチェックは外して重力の影響を受けないようにしておきます。

 

次にBoxColliderのIsTriggerへチェックを入れて、PlayerがCubeに接触してもすり抜けるように設定します。

 

f:id:nabesi777:20181209182204j:plain

 

次に下のスクリプトを作成してCubeへアタッチします。

 

 

 最後に影響の大きさや、風の向きなどを任意で入れて設定は終了です。

f:id:nabesi777:20181209182709p:plain