Unity++blog.

UnityやC#とかについて学習したことを書いてます

Particleで飛行中の風のエフェクトを付ける

パーティクルで飛行中の風のエフェクトを付けてみました。あまり上手くないですが、情報が少ないこともあり書いておきます。一定角度以上アングルが下を向いたらエフェクトが発動するようにしました。

 

 

Playerオブジェクトの前にパーティクルシステムを配置して、任意の時に呼び出します。

f:id:nabesi777:20181215232841p:plain

 

Hierarchyで右クリックでParticleSystemを作成します。

f:id:nabesi777:20181215233020p:plain

 

カメラがどの方向を向いてもいいようにカメラの子要素にします。名前はWindParticleとしています。子要素にした後にパーティクル放出場所のポジションを調整します。

f:id:nabesi777:20181215233101p:plain

 

パーティクルのインスペクターの設定です。まだ改良余地はあるんですが、あまりパーティクルの項目と使い方を理解していない為、この程度で断念です。時間が無限に取られてしまいます・・

f:id:nabesi777:20181215233510p:plain

f:id:nabesi777:20181215233538p:plain

f:id:nabesi777:20181215233624p:plain

 

f:id:nabesi777:20181215233721p:plain

 

f:id:nabesi777:20181215233901p:plain

f:id:nabesi777:20181215233927p:plain

 

こんな感じの設定ででランダムに動いているようにしました。

f:id:nabesi777:20181215234118g:plain

 

あとカラーのアルファ値をさげたらそれっぽさが増しました。

f:id:nabesi777:20181215234228p:plain

 

最後にスクリプトを作成します。

どこでもいいのでアタッチして、作成したパーティクルシステムを格納します。

 

 以上の手順で飛行中の風を表現してみました。