Unity+UnrealEngine4+Blog.

UnityやUnrealEngine4とかについて学習したことを書いてます

Widowsフォームアプリケーションで作成したアプリを送る

作ったアプリの配付方法めもめも

 

今回は友人にアプリの実行ファイルを送る方法をしらべました。

単純に使ってほしいのとフィードバックがほしいので!

 

イントーラーをダウンロードして素敵にダウンロードしてもらうやり方だったりmailで送る方法など調べたら色々あったんですが、まぁいろいろあってどれもあまり上手くいかなったですが、下記方法で一応できたので書きときます。

 

リリース用ビルド>圧縮>無料のデータアップロードサイト利用>UR送付

 

といった流れです。1回やれば、2回目からは5分でできる簡単な方法です。

そもそもどれを送っていいのかもわからなかったので、まずそこから!笑

 

Debugのプルダウンです↓

f:id:nabesi777:20190108000359p:plain

 

いつもDebugで使っているところをReleaceに変えます

f:id:nabesi777:20190108000436p:plain

 

 

F5を押してビルドします。

 

Visualstudioの左下にちっちゃく出る、ビルドが正常に終わった旨のコメントを確認します。*下画像は参考

f:id:nabesi777:20190108035452p:plain

 

 

 

そしてこのプロジェクトが保存されているフォルダへ行きます。

下のようなファイルが並んでいると思います。

f:id:nabesi777:20190108035657p:plain

 

この中の、bin>Releaseの中身を相手に渡してあげます。

渡すためにこれをZipファイルに圧縮します。圧縮ソフトが入っていない場合はまずは圧縮ソフトをダウンロードする必要があります。

 

私はこれを↓ダウンロードしました。ダウンロードは手順通りすすめていくだけでOKです。利用するには圧縮したいファイルを右クリックして「圧縮」の項目と拡張子を選択するだけです。

「Lhaplus」定番の圧縮・解凍ソフト - 窓の杜

 

ではReleaceフォルダを右クリックしてZip形式に圧縮します。

この時Releaceフォルダ内のexeファイルのみを圧縮して送ると、実行時にエラーが出ましたが、フォルダ丸ごと渡したらうまく実行できました。

f:id:nabesi777:20190108040501p:plain


デスクトップへ圧縮フォルダができました。

f:id:nabesi777:20190108040802p:plain

 

データを送るサイトはこちらを使いました。

データ便 |無料無制限の大容量ファイル送信サービス - トップページ

 

沢山使う場合を除き、会員登録さえも不要なので使いやすいです。

指定された場所に圧縮フォルダをドラッグアンドドロップして、ファイルをアップロード

f:id:nabesi777:20190108041105p:plain

 

「URL取得画面へ」からURLをコピー

f:id:nabesi777:20190108041246p:plain


これをあとはアプリを渡したい相手に教えてダウンロードしてもらうだけです!

f:id:nabesi777:20190108041341p:plain