Unity++blog.

UnityやC#とかについて学習したことを書いてます

VRでよく使いそう。コントローラーなどからRayを飛ばす&LineRendereでRayの描写

VRでよく使いそうなRayを飛ばしてそれを描写する内容の記事です。

Rayはシーン上では簡単に描写できますが、なぜかゲームシーン上では再生されないため、LineRendereを使ってRayの代わりに描写しています。

 

まずRayの原点となるオブジェクトにLineRendereをアタッチします。

f:id:nabesi777:20190312202224p:plain

 

この時描写するLineに色をつけるため、マテリアルを作成してLineRendereの中に入れます。

f:id:nabesi777:20190312202340p:plain

 

Inspectorの全体は以下のように設定しました。Unityのバージョンによって項目が若干違いますが雰囲気で大丈夫だと思います。またスクリプトから操作するのでチェックを外してenableにしています。

f:id:nabesi777:20190312210011p:plain

 

 

そしてこのスクリプトをアタッチします。

 

 

 ゲームシーンGif

f:id:nabesi777:20190312205349g:plain

 

 あたった時に何か処理をしたい場合は

if(Physics.Raycast~の中に書き、ずっとRayを表示させておきたい時は後ろのオブジェクトもTargetCubeと同じように指定してあげればよいです。