Unity+UnrealEngine4+Blog.

UnityやUnrealEngine4とかについて学習したことを書いてます

すんごい使える!mixamoっていう超便利サイトを使って3Dアニメーションをキャラクターにつける

今日はmixamoってサイトの紹介です↓

めっちゃ便利でおすすめなので、Unity初心者の人でもできるように、細かくスクショとって記事書いていきます。

もちろん無料です。ただしログインするために、グーグルアカウントか、Adobeのアカウントが必要となります。(またAdobeに買収されているので、ずっと無料かはわかりません)

www.mixamo.com

f:id:nabesi777:20190422223242p:plain

 

なにができるのか簡単に説明すると、人型の3Dキャラクターに、このサイトに登録されているおおよそ600種類の3Dアニメーションをつけることができます。その他に、様々なキャラクターもダウンロードすることができたり、(キャラクターは70種類くらい)キャラクターのFbxファイルをmixamoにアップロードして、実際に使用するキャラクターで動きを確認しながらアニメーションを選ぶこともできます。

f:id:nabesi777:20190422225831p:plain

 

 

使い方はそんなに難しくないのですが、少し躓きそうな部分もあるため、その辺りを中心に書いていきたいと思います。

 

今回使うモデルは、みんな大好きUnityちゃんを準備しました。

折角なのでかわいいアニメーション探してみます!

f:id:nabesi777:20190422225429p:plain

 

 

最初に上部タブのAnimationを選択

f:id:nabesi777:20190422230657p:plain

 

 

すると、ずらーとアニメーションが出てきます。上部の検索窓へキーワードを入れて目的のAnimationを素早く探すこともできます。

f:id:nabesi777:20190422230827p:plain

 

英語のサイトなので、検索も英語でします。

このサイトの検索機能が結構優秀で、下手な英語でも割と拾ってくれます!

下は「Talking」といれて検索してみました。

f:id:nabesi777:20190422230949p:plain



沢山ありすぎて迷うのですが、下の↓アニメーションをダウンロードすることにしました。キャラクターが映っている画面をドラッグすると上下左右から動きを確認することができます。

f:id:nabesi777:20190422231237g:plain

 

 

右側にある項目でアニメーションに変化を加えることができます。

f:id:nabesi777:20190422231808p:plain

 

各項目についてはざっくりこんな感じでした。

 

Style ・・ アニメーションの動きを大きくしたり小さくしたりできる(そもそもの動きがかわる) 

Sway ・・ アニメーションの動きを大きくしたり小さくしたりできる(腕の振りなどの大きさが変わる)

Overdive ・・ アニメーション速度を変える

Character Arm-Space ・・ 脇と腕のスペースを変える

Trim ・・ いらないアニメーションをトリミングする。(アニメーションの最初と後ろから。真ん中だけとかは多分できない)

 

自分好みに調整したら右上のダウンロードをぽちり↓

f:id:nabesi777:20190422232926p:plain

 

 

するとDauwnloadSettingというダイヤログが出てくるので下のように設定

FormatはForUnityに、SkinはアニメーションのみをダウンロードしたいのでWithoutSkinとしました。キャラクターも一緒にダウンロードしたい時はWithSkinを選択します。

 

f:id:nabesi777:20190422233052p:plain

 

 

ダウンロードできました↓

f:id:nabesi777:20190422233243p:plain

 

 Projectへドラッグでインポートできます。Animationフォルダを作成してそこへ入れました。

f:id:nabesi777:20190422233514p:plain

 

入れたものをクリックして選択し、Inspectorの設定をします。

 RigのAnimationTypeをHumanoidへ変更します。これをしないと動きません。

f:id:nabesi777:20190422233815p:plain

 

 アニメーションを繰り返したい時は下の場所でLoopをチェック。できたらApplyを押して設定を適用します。アニメーションクリップの名前は下図でも確認できます。

「Fight Idle」です。

f:id:nabesi777:20190422233949p:plain

 

 

 下はUnityちゃんの初期状態のInspectorそのままですが、Animatorの中のControllerは外しました。

f:id:nabesi777:20190423224253p:plain

 

 AnimatorController作成してコードを書くのがめんどくさいのでタイムラインで再生してみます。笑

 

空オブジェクトを作り、

f:id:nabesi777:20190423224436p:plain

 

 TimelineウィンドウからCreate!( Timelineウィンドウがない場合は上部メニューWindow>Sequencing>Timelineから出します)

f:id:nabesi777:20190423224452p:plain

 

 ダイヤログがでてくるので名前を付けて保存

f:id:nabesi777:20190423224702p:plain

 

最初に入っているAnimatorはDeleteで消してUnityちゃんをドラッグして入れてあげました。

f:id:nabesi777:20190423224754p:plain

 ↓

f:id:nabesi777:20190423224825p:plain

 ↓

f:id:nabesi777:20190423224910p:plain

 

タイムライン上で右クリックしてAddFromAnimationClipを選択

f:id:nabesi777:20190423224945p:plain

 

アニメーションクリップの名前は「Fight Idle」だったのでそれを選択します。

f:id:nabesi777:20190423225450p:plain

 

準備ができました。

f:id:nabesi777:20190423225602p:plain

 

再生ボタンを押すとUnityちゃんがダウンロードしたアニメーションをしてくれます!

f:id:nabesi777:20190423225809g:plain

 

同じ要領でいくつかアニメーションをダウンロードして、つなぎ合わせてみました。5分もかからず一連のアニメーションができちゃいます。

f:id:nabesi777:20190423230756g:plain

 

 もちろん普通のAnimationClipと同じようにAnimatorControllerの中でも使うことができます。

 

モブキャラとかざっくりしたものでいいアニメーションはこのサイトとタイムラインだけで素早く作れちゃいます!是非使ってみてください!