Unity++blog.

UnityやC#とかについて学習したことを書いてます

列挙型(enum)の使い方メモ

列挙(enum)の使いかたメモ!

使ったことはありますが、存在を忘れていたため復習します。

 

enumは相互排他的で名前付きの値の集合を定義います。Boolの代わりに使って可読性を高めるのに使われたりするそうです。

 

enumで現在のシーンを把握して処理をするというのを、Unityで使われているのをみたことがあるので、そんな感じで書いてみます。

 

機能的かどうかは置いといて、使い方の確認のために書きました。(←クソコードですみませんという意味です)下のコードはUnityでStart、Main、Endingというシーンを作成している場合です。

 

 

 

このスクリプトだけだと、あんまり使うメリットがわかりにくいですが、
相互排他的という性質があることや可読性が上がることから、結構わかりやすくコードが書けるんじゃないかと思います。
シーン切り替えのタイミングでenumへ反映させ、 他のクラスからそのenumを参照する形で現在のシーン状況を把握するというやり方はいかもしれません。