Unity++blog.

UnityやC#とかについて学習したことを書いてます

ボタンにカーソルが乗った時の処理クラス

ボタンにカーソルが乗ったときの処理をするクラスです。

f:id:nabesi777:20190623213933g:plain

 

まずはテスト環境から!ボタンを作成。

f:id:nabesi777:20190623201953p:plain

 

3つくらいに複製。キャンバスの設定は初期のままで(overlay)

f:id:nabesi777:20190623202111p:plain

 

ボタンのy軸をそれぞれ0、-50、-100にして並べる

f:id:nabesi777:20190623202259p:plain

 

f:id:nabesi777:20190623202314p:plain

 

カーソルが乗ったときに音も鳴らしたいので、ProjectへResourcesというフォルダを作成する。このフォルダ名じゃないとダメなので、フォルダ名は間違えないように!

f:id:nabesi777:20190623202549p:plain

 

このフォルダ内にカーソルが乗ったときに鳴らしたい効果音を入れる。効果音の名前はわかりやすいように変更する。(スクリプトへ書くので)

f:id:nabesi777:20190623202911p:plain

 

ボタンをいい感じに動かすために、AssetStoreからDotweenをインポートしておく

f:id:nabesi777:20190623203105p:plain

 

Dotweenの関連記事↓

nabesi777.hatenablog.com

nabesi777.hatenablog.com

 

 

ButtonAnim.csを作成

f:id:nabesi777:20190623203350p:plain

 

下記スクリプトを作成してそれぞれのボタンへアタッチ!

 

 

 いい感じのボタンアニメーションになりました。下はGifなので聞こえないですが、音も出てます。

一回クラスを作成しておけば、使いまわしができそうです。

f:id:nabesi777:20190623213933g:plain