Unity++blog.

UnityやC#とかについて学習したことを書いてます

遅延実行メソッドを事前に準備しておく

時間を指定してメソッドを実行する場合はInvoke("something", 1.5f);とか使ったりしますが、Invokeはメソッドに引数を渡すことができません。なので引数を渡したい場合はコルーチンを使ったりしますが、頻繁にメソッドを遅延実行したい場合は拡張メソッドを最初から準備しておけばコード量が少なくなります。

 

 ナイスな記事が記事がありました!

念のため実際に試してみましたが、ちゃんと機能します。

kan-kikuchi.hatenablog.com

 

以下のスクリプトは自分用に上のサイトに記載のものをコピペしただけです。

詳しい解説もありますので、詳細は上のサイトへ!